すべての女性をハーブの力でハッピーに!注目のフェムテックスタートアップrosy tokyo 高橋万里菜さんインタビュー!

更新日:8月18日



高橋万里菜
プロフィール
日本ハーブセラピスト協会認定セラピスト。
幼少期からハーブに囲まれて過ごし、慶應義塾大学および、Stanford Universityにてデザインを学ぶ。2018年には、一人ひとりに合わせてAIがハーブの調合を提案するサービス「herbox」をリリース。趣味は世界中の心地良い場所へ旅することとワイン作り。ワイナリーのある、ニュージーランドで羊を3匹飼っている。現在、東京と屋久島の二拠点で生活している。

取材・文・編集・デザイン:今井みさこ


今井みさこ:高橋万里菜さんとは大学生からの仲です。お互いに成長し会社を立ち上げ、またお互いの想いに共感し、この対談を掲載できることとなり、とても嬉しいです。

今回はrosy tokyoの取り組みや、ウェルネス(心と身体の健康)、女性ならではの悩みとハーブのある生活についてお伺いしていきます。まず最初にrosy tokyoの取り組みを教えて下さい。


高橋万里菜rosy tokyoはロージートウキョウと読みます。ヨーロッパで長年薬草として日常に寄り添って使われているハーブを使い、女性特有の心とカラダの健康をサポートするサービスをつくっています。


コンセプトは東京をもっとバラ色に。

忙しい都会で働く方々の心と体に寄り添って、自然の力で元気になってくれることによって、ひとりひとりの人生が花開いていく。ひとりひとりに寄り添ったライフグルーミングパートナーでいたい。そういう想いで起業しました。